●坂野友紀

Img_fb8dcbc20267ff9d01cbdfa0e5eb276e
 「金属のもつ柔らかさ、あたたかみ、それを感じていただけたら幸いです。」と坂野さん。
 作品は、一つ一つ、金属をカナヅチで叩いて作られています。
 丸も四角も三角も、坂野さんが形作ると、どこかのどかで温かいです。


■ 坂野友紀 展 2016.12.10 - 30

坂野さん、3年振りの個展を開催しています。

新作、長く作り続けてこられた作品、どちらもお楽しみ頂けますと幸いです。 Tohki




■ 素材について / お手入れの方法など

○ アルミ

 表面にアルマイト加工を施してありますので、変色しません。
 そのまま冷蔵庫・冷凍庫に入れても、オーブン(電子レンジではなく)に入れて焼いても大丈夫です。 お使い終わった後は、中性洗剤で洗い、立てかけておく程度で構いません。

*金タワシなど、硬い尖ったもの等で強くこすると、表面のアルマイトが傷つくので
  お止め下さい。アルマイトがはがれると、サビが出る場合があります。

*梅干し、石鹸など、アルカリ性のものを載せて長時間ご使用になることは、お止め下さい。
  載せたまま放置すると、アルマイトがはがれる原因となります。

●素材について / お手入れの方法など

○ 洋白(ニッケルと銅の合金) と 真鍮

板をカナヅチで叩き、あらし模様をつけてあるものと、磨き仕上げをしたもがあります。
カトラリーなどは、柄の部分はあらし模様(少しざらっとした手触り)、頭の部分は磨き仕上げ(細かく筋が残っています)、といった異なる仕上げとなっています。

ふだんは、陶磁器などと同様に、スポンジと中性洗剤で洗い、水切り棚に立てかけておく
くらいで充分です。
水跡が気になる場合は、洗った後、乾いた布巾で水分をふき取って下さい。
変色しづらい素材ですが、気になる汚れは、硬いスポンジにクレンザーをつけて、回すように
ゴシゴシこすり洗いすると、なじむようにキズが付き、元どおりにきれいになります。
食べ物を放置してうっかり変色したとしても、こすり洗いをすれば、ほぼ元どおりきれいに
なりますので、安心して使ってみて下さい。

* カトラリーは、柄と頭を別々に作って蝋付けしたタイプと、一枚の板を切り出して作ったタイプとがあります。

* 洋白は、身近なところでは、50円玉・100円玉に使われている素材です。
Img_46019b6f80da1c3fa1ba99d9c9ccbef3
Img_10aaf0edea5025ebf745f8e97b008f3a
Img_cd2462e723a49a43469fc799bf0c4a56

a.アルミの小鉢

size: 約 14 × 9 × 高さ 3.5 ㎝
2600 yen + tax


b. アルミの楕円皿 → sold

size : 約 26 ㎝ × 23㎝
6000 yen + tax


c. 洋白のディナーフォーク

size: 長さ 約 19㎝
4000 yen + tax


d. 洋白の茶さじ

size : 約 8.5㎝
1500 yen + tax


e. アルミのトレイ

※ トレイには、アルマイト加工を施していませんので、金属の風合いが
変化していきます。
( 雪平鍋と同じような感じです。)

size : 約 29.5㎝ × 39.5㎝
6500 yen + tax