Img_2dedd2054895603182238b8517139bab

石原稔久さんから、陶の干支が届きました。

2018年は、戌年です。

尻尾の振り具合も、みんな違っていますよ。

みんなご機嫌です。



Img_1a949f533e1686d4d23fb8f2d7443cb6




冬の始まり、朝の光が気持ち良いので、川原さんの個展・最後の2日間は、
am 10:00 から営業しようと思います。

天気予報は雨ですが、まあ、良し!とします。
Img_c2a86346eb67ea97bc5aa2cfe6398a44

小さな作品。

壁掛けにもなります。

秋の森で出会えそうな仲間たちが色々です。





Img_fa78c2472c5bef2dcddcde20a064e2d1
Img_1cb05ec4db41452eeeda97ec2e8b6659

Tohkiでは、毎年、2種類のカレンダーを紹介しています。

『 月齢カレンダー 2018 / around 』
絵・桑迫賢太郎 企画とデザイン・山崎加代子 1944 yen(税込み)


『 日めくりカレンダー 2018 戌年 』
制作・西森まりこ 4200 yen ※ 12月中旬入荷予定(ご予約を承ります。)


カレンダーの中身は、お楽しみで!(すみません。)よろしくお願いします。

Img_832f4d937a6132c9dc118d2f6b6f7d58
Img_528f67c062ad53ab48cdd48e49118418
Img_549201e95528031bcf9975062252b6de

川原幸子さんは、福岡県行橋市、平尾台の麓で、陶器の制作を行っています。

陶器は、通常、一度焼成した後、釉薬を塗り、もう一度焼成して仕上げる場合が多いのですが、
川原さんは、釉薬を塗って仕上げた部分と、漆を、何度も練り重ねて仕上げた部分のある陶器を
制作されています。

丈夫でありながら、薄い布に一枚包まれているような、独特の柔らかさが感じられるのは、
時間をかけて塗り重ねられた漆の質感と、少しとぼけたゆったりとした形のせいかもしれません。

Tohkiでは、2回目となる川原さんの個展です。

ご覧頂けますと幸いです。